いなふの(?)未来を夢占う

こちらは我が偉大なる友人いなふくんの彼女創成までの道のりを監視する生暖かく見守る「いなふ進捗 Advent Calendar」13日目の記事になります。

qiita.com

既に何人かが褒めているいなふくんの良いところや褒められるべきところは、もちろん私も同じように感じていますので、私といなふくんは友人です。お互いの誕生日には日本酒や酒器をプレゼントし合う良き友人としていつもお世話になっています。大事なことなので先に記事を寄稿している女性陣に倣ってもう一度言いますが、いなふくんと私は友人です。そろそろ友人ゲシュタルト崩壊してきましたね。

 

こんな記事、身内しか見てないよね。もうサクサク行くよ(投げやり)

 

ちなみに夢占いするって言ってる時点で察せられると思いますが、いなふくんの進捗の手助けができるような有益な記事ではないのでその点はご承知おきください。アドバイスがずっと続いてもいなふくんきっとパンクしちゃうと思うので、たまにはこんな中身の無い記事があってもいいよね(言い訳)

 

夢を見ました

先日(テスト前なのにも関わらず)十数日ぶりに10時間単位で惰眠を貪った私は夢を見ました。夢屋に行ったわけではありません。普通に睡眠時に見る夢です。

 

その内容をスマホのメモ帳にまとめたものが以下になります。

 

f:id:nakamimura:20161211152928p:plain

 

f:id:nakamimura:20161211152932j:plain

後半の夢ならではのよくわからない超展開は置いておいて、私は「いなふのお嫁さんのウェディングドレスを友人たちと選びに行く」という夢を見たわけです。

 

この Advent Calendarの主旨である「彼女創成」を華麗に達成した後にきっと起こる、いやいなふくんならきっと起こしてくれるであろうイベントである「ウェディングドレス決め」なんて明るい夢、(友人と選びに行くというのは別として)正夢になるといいですね。

 

ちなみにお相手である「いなふくんのお嫁さん」が誰なのかまではわかりませんでした。もしかしたら私がまだ存じ上げない、出会ったことのない女性なのかもしれません。もしかしたら連日進捗進捗うるさいいなふくんに中てられて私の脳内で創成してしまった実在しない架空の人物なのかもしれません。

 

 

夢占いをしてみよう

夢を見たら夢占いをしてみるのが定石ですね。真偽はともかく手っ取り早く目的の情報の概要を知りたいときの強い友、Wikipediaには夢占いについてこう書いてあります。

 

夢占い(ゆめうらない)とは、夢に出てきたものや状況を元に、現在の心理状態や近い未来に起こる出来事などを判断する作業のことである。夢の内容には、見えない世界や無意識領域からの意味のあるメッセージが隠されているということを前提にしている。

出典:夢占い - Wikipedia

 

>>>見えない世界や無意識領域からの意味あるメッセージ<<<

なんともスピリチュアルなお話ですね。いなふくんの彼女創成について実践的なアドバイスや彼の真面目な株上げは他の記事にお任せすることにして、本記事ではスピリチュアル路線を突き進んでみましょう。

 

夢の内容をそれっぽく細かくして検索して、ネット上にそれっぽい解釈が落ちていた以下の4点から、彼の精神状態や近い未来に起こることなどを解釈してみたいと思います。

 

1.自転車を停める

2.ウェディングドレスを見る

3.駅(改札口)から引き返す

4.暴風にICカードを飛ばされる

 

言わずもがな以下の解釈はネットの情報を拾い集めてそれっぽく見せた個人の一解釈ですので「そういう考えもあるよねうんうん」程度に見てください。

 

1.自転車を停める

駐輪場の夢は、駐車場の夢と同様、休息や安心感の象徴ですので、 駐輪場に綺麗に自転車が並んでいる夢は、あなたがきちんと休息が取れ、安心感が得られていることを暗示しています。運気も上向いていますので、このまま進めば、物事は上手く進展するでしょう。 しかし、駐輪場が見つからない夢や駐輪場が満杯で駐輪できない夢は、あなたが休息を取れずイライラしていることを暗示しています。 しっかり休息が取れるよう、仕事のやり方やライフスタイルを見直してみましょう。

出典:自転車の夢の夢占い - 夢の夢占い

 

メモ帳には細かく書きませんでしたがこの自転車を停めるくだり、駐輪場が満杯で適当なガード下に停める夢でした。この記事によると十分な休息が取れていないということになりますね。

  

テスト前やレポート、課題等が溜まる時期ですからね、きっとお疲れなのでしょう。よくよく休んでほしいものです。

 

 

2.ウェディングドレスを見る

この夢は基本的に、あなたが恋愛や結婚に対して強い願望を持っているということを表しています。

出典:夢占い「ウエディングドレス」に関する夢の診断結果 | 無料で夢占い~あなたの夢を診断します~

 

ウェディングドレスの夢は、恋愛や結婚に対する強い願望を表します。
特にあなたが未婚の場合は憧れという側面が強くなりそうです。

出典:ウェディングドレスの夢占い|夢占いセンター

 

夢占いにおいてドレスは結婚や恋愛への強い憧れをあらわします。恋愛に対する姿勢、好みの男性、積極性、結婚感、自分の意志などを表します。

出典:【夢占い】ドレスの夢は恋愛に関する3つの教え♡ – Clover(クローバー)

 

こんなAdvent Calenderを立ち上げられてしまうくらいですから、恋愛や結婚に関して相当な興味があるということは万人が認めるところでしょう。

 

 

3.駅(改札口)から引き返す

【電車に乗ろうとして引き返す夢の夢占い】
電車に乗ろうとして引き返す夢は、あなたが進路変更や転職など、自分の進んでいる人生の方向を変更したいという願望を抱いていることを暗示しています。 しっかり考えた後に、勇気を持って決断すれば、新たな未来が見えてくるでしょう。

出典:電車の夢の夢占い - 夢の夢占い

 

そんな身近な「駅」ですが、夢占いにおいては「区切り・転換期・再出発」などの意味を持っています。多くの場合「新しい区切りとなるタイミングが来た」と告げている夢です

(中略)

駅の改札口の夢

「環境の変化」の兆し。あなたの身の回りの人間関係が劇的に変化する事が暗示されています。

出典:【駅の夢占い】駅の夢は人生の転換期!~夢の意味まとめ~ – Clover(クローバー)

 

「自分の進んでいる人生の方向を変えたい」と思いつつ、かつ「周囲で人間関係が劇的に変化することが暗示」されているそうです。「しっかり考えた後に、勇気を持って決断すれば、新たな未来が見えてくる」そうですよ

(書くのがだんだん面倒くさくなってきた)

 

 

4.暴風にICカードを飛ばされる

主に人間関係を表し、周囲とのよい関係が期待できるでしょう。新しいカードだったなら、あなたに大切な友達が増えそうです。しかし、カードが折れたり落とすなど、カードに何か問題が生じるような夢なら、周囲との間でわずらわしい問題が起こり、今後悩まされることになりそうです

出典:夢占い 夢ココロ占い | 「カード キャッシュカード クレジットカード テレフォンカード バースデーカード ポストカード メンバーズカード タイムカード 」の検索結果

 

キャッシュカードやクレジットカードなどのように、お金の代わりとして使うことができるカードは、自分の持っているエネルギーを象徴しています。

出典:夢占い:カード

 

台風や竜巻のように襲いかかる、怖い風の場合は凶夢です。良くない変化を予兆しているので、万が一に備えておきましょう。

また、あなたの大切なものを飛ばされたり、あなたにゴミを飛ばしてきたりする夢も良くありません。親しい人と決別したり、揉め事に巻き込まれたりするでしょう。

出典:風の夢占い|夢占いセンター

 

「自分の持っているエネルギーの象徴」であるカード=PASMOを風に吹き飛ばされるというのはやはり良い意味ではないようです。

 

 

まとめ

夢占いの解釈から、

 

  • 十分に休息をとった方がいい
  • 恋愛や結婚に関して興味があるのはわかったからちょっと静かにしてくれ
  • 自分の人生についてよく考え、周囲の状況もよく見ること
  • 周囲と問題が起きる可能性があるからよく注意しなさい

 

という現在や精神状態の指摘や今後のアドバイスが得られました。なんとなくそれっぽく終われそうなのでここで締めたいと思います。スピリチュアル全開で根拠もないこんな記事にここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に重要なこと

これらの夢占いの解釈は見た本人であるお前の精神状態を表しているんじゃないか?ということは私本人がよくわかっていますので大丈夫です(大丈夫じゃない)(見えない世界からのメッセージっていうところで無理矢理行けると思った)(冷静に考えてなんで私が見た夢でいなふの精神状態を解釈してるんだ)

 

不満が上がったら後日いなふくんの株が上がるような話かいなふくんの欠点の話みたな有益になりそうなをしたいと思います。友人として。

 

 

調べ物をして出版の仕事を手伝った話

皆さまこんにちは。初めましての方は初めまして。

こちらはklis Advent Calendar 2016の12日目の記事になります。

 

 

www.adventar.org

 

自己紹介
  • 名前:みさき
  • 所属:klis14(現在B3)情報資源経営主専攻

昨年のklis Advent Calendarでは私の文理系ならぬ分離系っぷりを綴りましたのでお暇がある時にでもご笑覧ください。先日その後の話もアップしましたのでよろしければどうぞ。

 

nkmmrsk.hatenablog.jp

 

後輩のみんな!!これらを見てもらえばわかるが単位を落とすことそれすなわち地獄への片道切符だ!!!!単位は一発で!!!死ぬ気で!!!!取れ!!!!!私との約束だ!!!!

 

てなわけで自分の適性や興味を鑑みた私は現在、知識情報・図書館学類の中でも比較的文系寄りな主専攻として認識されている「情報資源経営主専攻」で学問に励んでいます。

 

毎年のklis Advent Calendarを見ているとシステム系の人が正直もう日本語なのかすらもよくわからない強そうな内容で書いているわ、自分の経験談とか後輩へ向けて書いている人もいて、本当に十人十色です。

 

Twitterが目に入っていた方ならご存知かと思いますが、10月末にAdvent Calendarの参加表明をした時から記事のテーマについて二転三転四転五転くらいしていました。話題が捻りだせなさすぎた結果、書いちゃダメかなと思っていた*1話題について書いて良いかダメ元で上司に当たる方へ連絡を取ったところあっさり許可が出たので、その話題について書きたいと思います。

 

 

調べ物のバイトをしました

今夏から秋にかけて、とある書籍*2の出版のお手伝いをさせていただきました。詳細は(たぶん)書けないのでぼかしながら説明すると(察しの良い人ならこの後説明する私が調べたことを見ればなんとなく事情がわかるかと思いますが)、指示された内容について“一般人が”知ることのできる情報源・範囲で“できるだけ正確に”調査し、簡単に図表にまとめるというバイトをさせてもらいました。システム系にとんと疎い調査系が好きな文系寄り分離系klis生の腕の見せどころといったバイト内容ですね。

 

しかしながら依頼された内容は、自分にとって全くの専門外である軍事に関する情報収集が主でした。依頼されたときは戦闘機の種類とかわっかんねーよ!!私が知ってるのは好きなアニメやマンガで出てきた好みの銃火器の知識くらいなもんだよ!!*3*4*5*6*7と心の中で叫び、どうしたものかと頭を抱えていましたが、「どの程度の情報を求めているか」や「基本的な情報」は上司に当たる人からきちんと教えていただけたので、なんとか進めることができました。

 

というわけでこの記事では自分にとって全くの専門外の情報について、どのようにとっかかりを見つけてより正確な情報源にたどり着くかということ、そして具体例として私が実際に調査を依頼された内容について

の3系統に簡単にまとめ、調べた際の私のプロセスをご紹介したいと思います(とは言ったもののログをちゃんととっていたわけではなかったのであくまで再現です)

 

在日米軍の情報

在日米軍の展開兵力を、機数やどの艦が入港しているかまで調べてほしい」という内容に対して「とりあえずはWikiで概観してそのあと防衛省あたりかな…」とあたりをつけながら調査を進めていった結果、最終的に参照したのは主に以下の情報源になりました。

 

  1. 自衛隊が出した資料
  2. 基地がある行政のWebページ
  3. 基地がある地域の地方紙の記事
  4. 基地反対団体が作成した資料

 

“正確な”という点においては1~3の情報源がピカイチでしょう。まず在日米軍の展開を概観するのに参照したのは、「1.自衛隊が出している資料」であるところの「防衛白書」の以下のページです。

 

www.mod.go.jp

 

しかしこれだと基地の所在やどういった装備が入っているかといったことしかわかりません。ここからより詳しい情報を手に入れるためには、もう少しミクロなところに落とし込む必要があります。「2.基地がある行政のWebページ」「3.基地がある地域の地方紙の記事」に当たりますね。

 

4.普天間基地の概要/沖縄県

 

京都新聞|京丹後 米軍基地 Xバンドレーダー - 京丹後米軍レーダー、運用開始

 

探しても正確な情報源がなかなか見つからない場合もありました。そういう場合は「4.基地反対団体が作成した資料」を参照しました。基地に反対するためには、相手のことをよく知る必要があるということでしょうか。機数まで書いてある資料やサイトが見つかりました。しかしながら一個人、一団体が調べたという点において信頼性は低くなると言わざるを得ないでしょう。

 

 

米国の情報

 「米国の国家としての赤字額」については、外務省の以下のページ「米国の連邦財政赤字」のグラフを参照しました。

 

www.mofa.go.jp

 

f:id:nakamimura:20161212100703p:plain

出典:2017年度予算教書 | 外務省

 

よく見ると、グラフに「出所:米行政管理予算局」とありますね。出典が書いてあれば出典元も参照するのがklis生としての嗜みです。アメリカ合衆国行政管理予算局Office of Management and Budgetにアクセスしてみると「Historical Tables」なんて素敵なページがあるではないですか。早速「Table 1.1—Summary of Receipts, Outlays, and Surpluses or Deficits (-): 1789–2021」(「歳入歳出予算・剰余金赤字金額のまとめ」みたいな訳で合ってると思います)というタイトルのExcelデータを開いてみましょう。

 

www.whitehouse.gov

 

f:id:nakamimura:20161212103400p:plain

出典:Historical Tables | The White House Table 1.1—Summary of Receipts, Outlays, and Surpluses or Deficits (-): 1789–2021

 

Excelデータの単位は「in million dollars」です。フリーハンドで頑張って赤線で囲ったところを見てもらえればわかりますが、先ほどの外務省のグラフの数値はTotalの「Surpluses or Deficits」(剰余金と赤字金額)の箇所の数値を10億ドル表現にして大体四捨五入したものだということがわかりました。

 

 

米軍の情報

「米軍兵士の給与」なんてどう調べればいいんだ……と頭を抱えた私。とりあえずGoogle先生に聞いてみると、NAVERまとめの「アメリカ軍隊の階級と給料(米軍の階級一覧)」というページが出てきました。

 

matome.naver.jp

 

NAVERまとめを書籍の出典にしようとする阿呆な方は流石にいませんよね?ここからとっかかりになりそうなキーワードを探してみると、出典に「2014 Military Pay Chart」というリンクがありました。早速アクセスしてみましょう。リンク切れでした。

 

とりあえず「Military Pay Chart」というのがそれっぽいキーワードだということがわかりました。ゼロからのスタートなのでこういうのも立派な手掛かりです。とりあえずこのワードで再度検索してみると、こんなページがヒットしました。

 

https://www.dfas.mil/militarymembers/payentitlements/military-pay-charts.html

 

それっぽい。すごくそれっぽい。でも「Defense Finance and Accounting Service」って一体なんの組織なんだ……?もしかしたら民間の軍事業者とかかもしれないし……。

 

英語が壊滅的にできないマンなので上司に聞いたりした結果、DFASとはアメリカ国防総省国防総省内部部局「国防財政会計部」だということがわかりました。ペンタゴンの下部組織が出してるなら、もちろん信頼できる情報ですね。等級や勤続年数等を考慮してどの数値を採用するかは、その道のプロの方に監修していただきながら決定しました。

 

 

まとめ

普段はレポート書くときに論文を検索するといった、自分のためにしかしない「信頼性の高い情報を探索する」という行為でお金が稼げる*8なんてまさか思いもしませんでした。世の中色々な需要があるもんだとか、学類で鍛えられた「情報を探索するという行為に対する思考回路」がお金になるなんて、“調べる”という行為への学問も捨てたものじゃないな、とか不思議な気分になったものです。同時に調査した結果を大人の人に褒めていただけたのも、大変嬉しいことでした。

 

学生のうちから出版の現場に携わらせてもらうなんて貴重な経験ができたのは、本当に運が良かったことだと思います。今回のバイトは以前からお世話になっている方*9からの依頼で引き受けたものでしたが、その繋がりが出来たのは「未知の領域に踏み入れてみたい」という意志からでした。皆さんも学生の時に是非、積極的に新しいことに挑戦してみてください。

 

 

 

*1:守秘義務とかうんたらかんたらを考えて候補にすら入れてなかった

*2:K談社の新書として出版されました

*3:ベタ中のベタですがベレッタM92FSとブローニングM1918自動小銃が好きです

*4:まどマギのほむほむとBLACK LAGOONのグレーテルが大好きです

*5:ロベルタさんには蔑みの目を向けられたいです

*6:私はロベルタさんのようなロンスカメイド服で銃火器ぶっ放す系女子が大好物です

*7:皆さんもロベルタさんの画像検索結果を見て銃火器系メイドにハマって下さい

*8:バイト代として最終的に私が毎月実家から貰っているの仕送りの額の1.6倍のお金をいただけました本当にありがとうございました

*9:1年次から参加させていただいている某特別講義の先生

無限につらい落単・再履修 その後

そういえば今年もklis Advent Calendarに登録しちゃったっけな

そういえば最後にブログ書いたのいつだ?

Oh、10ヶ月前か……

 

というわけでリハビリがてら更新します。

そして本年のklis Advent Calendarも参加させていただきます。よろしくお願いします。書くことがまーじで決まらないんですけどどうしようね。

www.adventar.org

 

前にネタをいくつか挙げてTwitterのアンケート機能使って投票してもらったんですけど(当該ツイートは何故か見つけられなかった)、一番票が集まったのが卒業研究室配属の話でした。でも進路の話ってネタ被りそうだし、需要ある層限られるし、研究室選びとか本当に人それぞれだしって考えると、このテーマは本当に書くこと見つからなかった時に書くかなという結論に落ち着きました。

 

今年一年やったことや行ったところは色々ありました。今思いついた範囲で箇条書きにするとこんな感じ。

  • KLC主催ラーニングコモンズツアー(参加は2年目2回目)に参加して私大の財力を感じる
  • 春休み中高校時代の同級生と岐阜へ旅行した折に偶然立ち寄ったぎふメディアコスモス岐阜市立中央図書館が最高すぎて「ぎふメディアコスモス岐阜市立中央図書館最高ぎふメディアコスモス岐阜市立中央図書館はいいぞ」としか言えない体になる
  • 我が愛しのマイキーボード(楽器)を購入しつつサークル活動に復帰→無事引退
  • 盛夏の戦い怒涛のインターン9日間東京通勤~2回の台風直撃を添えて~
  • 生き残れ!卒業研究室決め!!→生き残りましたありがとうございました
  • はじめてのとしょかんそうごうてん!としょかんぎょうかいのかっきをかんじる!!

 

でもブログに書いて面白いかとか、個人利用目的で撮った写真はネットに載せちゃダメだよなとか、そもそも書いちゃいけないこととか、色々考えてしまってなかなかうまいことハマるテーマってなかなか無いんですよね。特に直接訪問したぎふメディアコスモス岐阜市立中央図書館についてはめちゃくちゃ書きたいんですが、書くとしたら写真を入れたい→許可取ってないから無理かなという感じです。

 

とりあえず期日までになんとかテーマを捻り出しておきます。

 

ちなみに岐阜市立中央図書館が入るぎふメディアコスモスについては以下のサイトが分かりやすかったので紹介します。

kinarino.jp

 

 

前置きが長くなりましたが本題です。文章を書くリハビリに選んだテーマはこちら。

 

無限につらい落単・再履修 その後

nkmmrsk.hatenablog.jp

昨年のklis Advent Calendarで書いた、1年次3科目6単位落単のその後(3年次)のお話。

どうでもいいんですけどこの記事の最後に「徹夜後に書いたから間違いがあったらメンゴメンゴ!(意訳)」という注意書きをつけたら、その文でタイプミスしててギャグかなって思いました。

 

前回の記事の要約

  • ひとつ落とすとその時限の次年度以降の講義受講に影響が出る
  • 卒業要件が満たせるか不安になり精神衛生上良くない
  • 資格取得の計算がややこしくなる

 

あれから一年、そして3年生に進級してからも半年以上が経った現在、落単・再履に関連した出来事をまとめると以下のようになりました。単位を落としてしまった後輩の皆さんの今後の参考になれば幸いです。本当は参考にする必要がないっていうのが一番なんだけどね!!

 

再履授業は全て回収

1年次で落とした必修の哲学(秋AB火3・4限)とプログラミング演習Ⅱ-2(秋BC金1・2限)、双方とも回収に成功しました!!!!!!やった!!!!!!1年生がやっと終わった!!!!

f:id:nakamimura:20161203185306p:plain

プロⅡセカンドチャレンジのくせにB回収とか雑魚いwwwという感想は傷つくのでやめてあげてください( )

 

もうひとつ落とした基礎数学A(専門基礎選択:春C秋A水1・2限)は、専門基礎選択科目の単位数が足りそうなのと、春C秋A開講という1年次以外で受けるには微妙なモジュール設定なのとで今後も履修はしないと思われます。

 

教職課程の履修を取りやめ

2年の春休みに行われた教職の集中授業まで取り切ったのですが、3年次で取りたかった授業との兼ね合いや進路のことや落単・再履の影響を鑑みて教職課程の履修は取りやめました。これによって卒業要件と司書資格とテクニカルコミュニケーター資格のことだけを考えれば大丈夫になったので、単位計算はとてもしやすくなりました。

 

知識で教職を取るということについて語りだすとブログ記事が何本も書けるレベルだと思っているのであまり詳しくは話しませんが、やはり確固とした意志ときちんと勉強し続ける気力がないと続けられない種類の履修だったなと切に感じています。「教育環境に興味がある→教職も履修してみよう」程度の理由付けはしていましたが、その程度の理由付けで、学類でのカリキュラム中の授業を落としている中それ以上のこと=教職履修ををやるのは私にとっては難しかった……。

 

ちなみに教職課程を取りやめる際は、教職課程履修取消届(記憶が定かではないので名前間違えてるかも)を教務で貰う→必要事項を書き込みクラス担任レベルの先生の捺印をしてもらう→教務に提出のステップを踏まないと、おそらく「教職履修しているのに教職カルテ*1の提出がない」ということで学生呼び出しの掲示板で呼び出されるっぽいです。

 

興味があったけど取れなさそうな授業がちらほら

再履の影響と、「4年次秋学期は知識情報特論と卒業研究(両方とも必修)しか取らない!!」という確固とした意志を持った結果、興味はあるのに取れなさそうな授業がちらほら出てきました。

  • 中国図書学(専門科目選択:秋AB火3・4限)→哲学再履の影響で取れなかった、知的財産概論(専門基礎選択:秋AB火3・4限)を今年は優先
  • 質的調査法(専門基礎科目選択:秋AB金1・2限)→プロⅡ再履で取れなかった。今年は図書館文化史論(専門科目選択:秋AB金1・2限)を履修

 

ほらね?昨年の記事で書いた

ひとつ落とすと同時限に開講されている講義が履修できない負のループが待っています

の典型例になりましたね。まあ4年生で取ればいいじゃんという話なんですけど、でも卒業研究で死ぬ未来がわかってる4年次秋に授業入れたくない……でもなー、ここまで書いておいてアレだけど授業料もったいないしやっぱり4年次で取るかもしれない……とか色々考えてはいるのでまだ未定です。

 

私の場合は4年次まで持ち越せばなんとか取れるというレベルですが、もしも再々履とかやらかすと「本当に取るチャンスがなくなった!!」となる可能性もあるので、みんな授業は一回で取ろうな!!

 

まとめ

落単・再履はやっぱり色んなところと精神に影響が出るので、気合いと気力と努力でもってファーストチャレンジ単位取得をしよう

 

次はklis Advent Calendar 2016でお会いしましょう!

*1:教職履修者が毎年提出を義務付けられる冊子。教職課程の授業で学んだことの感想等を記入する

ブログタイトルの話

このブログのタイトルの話

nkmmrsk.hatenablog.jp

 

正直前回のこの記事を書くためだけ=klis Advent Calendar 2015に投稿するためだけにこのブログは開設されたのですが、なんとなく気が向いたら投稿してみようかなという気になりました。

 

というわけでブログのタイトルの話。

 

わかる人にはわかると思いますがこれらは聖書からとった言葉です。

私はプロテスタント校出身なので、一般の方よりは聖書になじみがあると自負しています。ので何かしら名前を付けるときにはとりあえず聖書の言葉から引っ張ってくればそれっぽくなるとか思っ(ry

 

!!以下の聖書の解釈は個人的解釈多めなので生温かい目で見てください!!

 

プロテスタント校に6年通いましたが色々な考えや理由から私はクリスチャンにはなりませんでした。しかし聖書の言葉に感銘を受けたことは多々あり、現在でもそれらは私を構成する一部分になっていると思っています。

 

というわけで昨年クリスマスに完徹した頭でブログ開設を決意した私はこのはてなブログに登録し「さてブログ名が必要なのか……聖書から取ってそれっぽい名前つけよう」という大変安直な考えでもってブログ名を付けたわけですね。

 

種蒔き

種蒔きという行為が入ったたとえ話は聖書中にいくつか存在しますが、主に「神の御言葉を聴く」というモチーフになっています。これらの種まきの比喩を超超超ざっくり解釈すれば「神の御心に適うよう、その神の御言葉を聴き、心に留めて誠実に生きよう!」という感じですね。

 

刈り入れ

現実の農業で種蒔きの後、すくすく育ち実を結んだ結果待っているのは刈り入れです。聖書ではこれにもたとえを用いています。この比喩を超超(ry「誠実に生きて行動をし、世に実を結びましょう」と考えていればいいかなと思っています(適当というツッコミはナシでお願いします)

 

休息日

旧約聖書において、6日で世界を創造された神は7日目に休息を取られました。このことからキリスト教では安息日という慣習があります(詳しくはググってください)要するに「実を結んだぜヒャッハー!!!!!次の種蒔きまで休みじゃ!!!!!!」ということです

 

まとめ

「種蒔き刈り入れ休息日」は「日々誠実に生きて実を結んで適度に休もう」みたいな意味合いでつけました。

実を結べているのかすらもわからないまま休みまくっていますが今後もよしなにお願いします(無理矢理終わる)

 

 

要するに

このブログは聖書考察とかキリスト教考察とかとは何も関係ありません。個人的な大学生活の話を適度に綴る個人ブログですので、キリスト教関連の話題を求めて検索から来られた方は申し訳ございませんがその他の質のいいブログをお探しください。

(アクセス解析を見てg○○gleからのアクセスが増えたことにビビり「種蒔き 刈り入れ」や「種蒔き 休息日」で検索かけたら割と上位にヒットしたことを受けての記事でしたお粗末さまでした)

 

追記:ブログ設定をよく探したら「検索を避ける(ブログを検索エンジンのインデックスに登録させないようにします)」という欄があることを今更ながら発見……。速攻でチェック入れました……。

無限につらい落単・再履修

 

本年のテストや授業が全て終了し、冬休みに突入した喜びと徹夜の後遺症とテスト週間の疲れがないまぜになった過去最高におかしいテンションで書き上げました、みさきです。

 

皆さま、クリスマスおめでとうございます。

今幸せな方々は是非その幸せを大切にしてください。テストやレポートやその他学業や私生活等々でメニークルシンデマスな方々には良き幸いが訪れますように。

 

完全に余談ですが、アドベントカレンダーといえば壁にペタッと貼ってクリスマスまでカウントダウンしながら日めくりしていく形のものが多いかと思います。しかし私は一日一個チョコレートが食べられるこれを推したい↓

matome.naver.jp

 

雰囲気と味の両方楽しめるので大好きです(キリスト教系校出身者あるあるだと信じたい)

 


この記事はklis Advent Calendar 2015 - Adventarで空白となっていた12月2日の分を埋める形で書きました。

実は書いてみたくてウズウズしていたので主催者の方に無断で書いてしまいました。申し訳ございません。この場を借りてお礼申し上げます。

www.adventar.org

 

ちなみにこのはてなブログの登録とブログ開設は約6時間前くらいです。 だいぶ突貫で作ったのでどこかしら間違えてないか心配。

 

 

無限につらい落単・再履修
イエス・キリストの誕生を祝うこの聖なる日に書くのもあれなテーマなのは書いている本人が一番よく理解しています。
本記事では「落ちたつらい」だけではなく「落として何故つらいのか」というところへ再履テスト勉強で完徹して完全にメーターが振り切れている頭を使って切り込んでみたいと思います。

 

f:id:nakamimura:20151225174622j:plain

f:id:nakamimura:20151225174630j:plain

f:id:nakamimura:20151225174640j:plain

このツイートから約9時間後、無事にテスト終了しました。本当にありがとうございました出家したい

 


自己紹介
知識B2、klis14のみさきと申します。最近、趣味や学問分野問わず興味が狭く浅くな性格なことに悩みだしました。

Twitter@nkmmrsk 鍵かけてますがもしよろしかったらフォロリクお願いします。

 


前提
昨年私は知識1年次対象の以下の科目

専門基礎選択科目ー基礎数学A(春C秋A 2単位)

専門基礎必修科目ー哲学(秋AB 2単位)⇒再履&テスト終わりました最後の審判成績開示待ちです,プログラミング演習Ⅱ(秋BC 2単位)⇒再履中ですつらい

の計3科目6単位を落単しました。

 

本記事ではこの前提に沿って、知識情報・図書館学類(以下、klis)における考察をしていきたいと思います。

本年度(2015年度)のklisの学類シラバスに沿って説明をしていきますので、冊子体をお手元に置いていただきながら閲覧していただくか、筑波大学 情報学群 | 知識情報・図書館学類のWebページにあるPDF版シラバスを別のタブで開きながら閲覧することをオススメします。

執筆者の学年に合わせて1・2年次の話題が多いことをご了承ください。

 

また、あくまでも今回の考察の参考にしたいために落単した授業名を出しただけですので、これらの講義に対しての批判・クレームを行うといった意図は全くないということを明言致します。これらを落としたのは私自身の自業自得・自己責任・因果応報・身から出た錆です。大反省。

必修講義や落単といったよく出る大学固有の用語・システムに関しても詳しい説明は省略します。

 

 

落単・再履によって起こる客観的な問題

もしもあなたが単位を落としてしまったときのことを想像してみてください。

「テスト勉強が間に合わなかった……」

「出席足りなかったししょうがないわ」

「友人たちは取った単位を自分は落とした……疎外感と自信の喪失を感じる……」

「必修を落とすなんて、自分はこの学類生として相応しくないのではないか」

落とした理由や思うことは人それぞれでしょう。ちなみに私の上記の講義の落単理由は完全に自身の勉強不足によるテストでの爆散です。

 

精神衛生上良くないとか、自信を喪失するとかそういう主観的なタラタラしたことは言っていられません。落とした単位は戻らない。諸行無常、盛者必衰の理。

感情に振り回されてないで、落単・再履によって起こる客観的な問題を考察し、反省点として次回へと生かさなくてはなりません。

というわけで行った個人的な反省と考察をまとめると、以下の2点となりました。

 

 

①卒業要件を満たせるかの見通しが暗くなる

klisでは卒業に必要な履修科目を

専門科目*1専門基礎科目*2・(共通科目+関連科目=)基礎科目*3

の大きく分けて3つ分野に分け、さらにそれぞれに「必修((」と「選択((」をおいています。詳しくはシラバスp213以降のご自分の入学年度のページを参照ください。

必修を落としたら再履して単位取得しない限り卒業できないというのは当たり前のことなのでここでは扱わず次で説明します(が、ここでもちょっと触れます)。

ここで扱うのは「専門基礎選択科目(1・2年生のうちに取りきることが望ましい)」の落単話です。

 

「基礎数学A落としちゃったな……まあ選択科目だからそんなに気にしなくていいか……」

昨年の私はこう考えていました。甘い。甘かった。

 

klisで開講されている専門基礎選択科目の総数→21科目42単位

卒業に必要な専門基礎選択科目の単位数→16科目32単位

=取らなくてもいいと考えられる単位は5科目10単位に限定される

 

現段階で私の場合は

・基礎数学A(落単)

・基礎数学B(Aすら取れてないのに況やBをや)

・公共経済学(担当教員サバティカルによるモジュール・時限移動先が所属していた学生組織の活動時間と被り断念)

・質的調査法(プロⅡ再履と被ったため)

・知的財産概論(哲学再履とry)

・コンピュータシステムとネットワーク(突如移動した教職に関する科目とコマが被り断念)

この6科目12単位が未履修または落単という結果になっています。このままでは基礎選択が足りない!卒業できない!3年次で取る予定とはいえ未来が暗い!!

 

もちろん3年生以上の学生が専門基礎選択科目を受けるというのはごくごく当たり前のことです。しかし昨年自分が落単さえしていなければ修得できていた単位ないし今年度履修できていた講義は増えていたわけです。また個人的ではありますが、本来ならば専門科目に集中したい3年次に専門基礎選択科目を突っ込み果たして専門科目の単位修得に影響が出ないだろうかという考えが頭をよぎります。ただでさえ必修落としてるのに。

 

さらに言うと、質的調査法と知的財産概論は必修落単の再履の影響を受けて履修することができなかった科目です。ひとつ落とすと同時限に開講されている講義(俗に言う「裏番組」)が履修できないという負のループが待っています。2年次以降は選択科目が増えるため、1年次必修再履と2年次必修が被り必修科目履修がどんどんずれ込み遂には卒業にまで……という一番最悪のパターンに陥ることはあまりありません(絶対無いとは言っていない)が、選択科目の選択範囲が狭まったあまりに「自分の得意ではない講義に特攻しないと単位が足りない!」といったことになってしまう危険性はわりとあるのです。

 

シラバスp2-3の時間割表は1年次、2年次、3・4年次で分かれているため想像しづらいですが、その科目が開かれている時限には進級した学年次対象の科目があるのです。

 

 

②資格取得に大きく影響する

これは割と限られた人に対する話になりますが参考までに。

私は現在教員免許(高校情報、司書教諭)と司書資格、できたらテクニカルコミュニケーターの取得を考えて講義を履修しています。これだけ取ろうとして大丈夫か?きちんと単位を取れば理論上は問題ありません。理論上は。

 

その1:高校情報教職

klisにおける教職課程履修がだいぶハードモードなのは有名な話ですが、しっかり単位を取得し最後にして最大の難関教育実習を4年次で乗り越えれば教員免許を取得できます。

ざーーーっくり説明すると、教職課程は「教職に関する科目(大体本学での開講)」と「教科に関する科目(大体klisの講義)」のそれぞれを規定の単位数分履修する必要があります。

教職に関する科目のコマがklisの専門基礎科目と被ったり、再履の裏番組に教科に関する科目に指定されている専門科目が入っていたり、そもそも高校情報の教免取得にも必須のプログラミング演習Ⅱを落単・再履していたりと、落単・再履の影響はここにも出てくるのです。

 

その2:テクニカルコミュニケーターと司書教諭

知的財産概論と情報メディアの活用(専門選択科目)が関わってきます。

シラバスp2-3の2015年度時間割表を見てみましょう。両方とも、火曜秋AB3・4限の開講です。次にp224-225を見てみましょう。両方とも、司書教諭とテクニカルコミュニケーターに必須になっています。要するに、卒論で死ぬことがわかっているのにどちらかを4年次まで持ち越さないといけないわけです。これも哲学さえ落としてなければ2年次で知的財産概論、3年次で情報メディアの活用を履修できたのです。げに恐ろしきかな、必修・落単・再履修。

 

資格を取ろうとして履修を組むだけでも大変なのに、上記2点を見てもらえばわかりますが、落単・再履の影響が出るともっと大変なことになります。

 

「情報に使えてまだ取ってないのが知財、データ表現と処理…情報検索システムとマルチメディアシステムが必須……マルチメディアとシステム、学校図書館メディアの構成とコマ被ってるじゃん……いやもう司書教諭は全部4年に回さないとか……?質的との被りはないな……知財はテクニカルコミュニケーターにも使えるから優先するとして、司書資格の乙群は情報にも使えるディジタルドキュメントとインターンシップで確定でいいけど図書館論とかも取りたかったな……クラウドコンピューティングと情報デザインとインターフェースとマークアップ言語はとらなくてもいいのかあとでちゃんと計算しておかないと……自然言語解析基礎も単位出るまでわからんしプロⅡはセカンドチャレンジでも取れるか危ういよ……ああもうわけわからん!!!

 

また、専門科目は年によって割とコマ移動がある(気がする)ので、「3年次で専門基礎科目を受けるコマに資格に必須な専門科目の講義が被った……」なんてことがないという保証はできません。

 

 

まとめ

落単・再履は色んなところと精神に影響が出るので、気合いと気力と努力でもってファーストチャレンジ単位取得を目指そう

書いてたらつらくなってきましたここで終わります。

 

本日のメインはないんちゃんサンタによるクリスマスプレゼントの記事です。楽しみですね。

newbezn.hatenablog.com

 

それでは皆さん、メリークリスマス!!

 

追記:本文中にも書きましたが完徹した頭で書いたのでどこかした間違っている可能性が大いにあります。もしも間違いを発見されたらこっそり教えて下さると大変ありがたいです。

 

 

*1:3・4年次対象

*2:1・2年次対象

*3:ほぼ1年次の英語や二外や体育。2年次は英語と体育